もみの木動物病院について

もみの木の診療スタイル

院長 村田 元

もみの木のホームページをご覧いただき
ありがとうございます。

私たちメンバーが日頃から心がけているもみの木での診療スタイルについて少しお話をしようと思います。
動物との生活を楽しくハッピーにしていただくことが私たちの喜びです。
そして、私たちがすべての動物を好きなように、動物たちにも私たちのことを好きになってもらいたいと思っています。
動物病院に来る動物たちは少なからず緊張や不安を抱いています私たちはなるべくそうした気持ちを取り除いてあげたいと思っています。そのために、動物への声かけやおやつを使って、少しでも動物にリラックスしてもらえるようにします。

症状やお話をお聞きし、もし必要なら、なるべく「こわくない」「痛くない」検査をご提案させていただきます。もちろん治療も同様です。
私たちは飼い主さまと一緒にペットの健康について考えたいと 思っていますので、疑問に思われることはいつでもお尋ねください。

もみの木動物病院のメンバーの気持ち

私たちもみの木メンバーがいつも心に持っているポリシーがあります。
もみの木動物病院が産声をあげてから、メンバーによって伝え続けられた大切な気持ちです。
それを言葉に表したものがミッションであり、行動指針です。
これからも、日々更新しながら続いていくでしょう。

もみの木動物病院のミッション

人と動物のより良い関係を築く」ことを主軸にし、
“動物と飼い主さまが楽しく暮らすために必要な情報、知識、技術そして思いやりを提供し
安心してもらえる動物病院”を目指します。

「患者さまと社会と私たちにとって世界一の動物病院」でありたいと思っています。

このミッションを遂行するために、以下のような行動指針(クレド)を掲げ、
日々の行動の寄りどころとしています。

もみの木動物病院チームメンバーの信条・行動指針(クレド)

チームメンバーとの約束

  • 私たちはチームと自分のために知識と技術の向上を常に心がけ、互いの成長を喜びます。
  • 「夢」があり、働きがいのある職場を作ります。

飼主さまとの約束

  • 私はペットとの生活を楽しむ飼主さまを一番に考え、心のこもった獣医療を実践します。
  • 個々の動物と生活に合った情報を提供します。
  • 安全で快適な動物病院作りを実践し、もみの木を素敵な動物病院にします。

動物達との約束

  • 私は苦痛が少ない診療をします。
  • 動物たちが楽しく通院できるよう心がけます。
  • 動物福祉の5原則に従い、動物が広く社会に受け入れられるように育てます。

 

協力会社との約束

  • 私は協力会社と共に力を合わせ、獣医療を通じて互いに発展できる環境を築きます。
  • 笑顔で誠意ある対応をします。

社会との約束

  • 私は社会の一員として行動します。
  • 地域と地球環境に配慮します。
  • 動物を通して福祉活動に積極的に参加します。
  • 獣医療界や動物看護師界に寄与できるよう努めます。

 

概要

1990年7月29日
開院
1992年
CAPP活動スタート
1995年
ワンちゃんのしつけ教室 開設
1999年1月
病院移転(現在の場所)
1999年6月
しつけ教室トレーニングルームオープン
2000年2月
しつけ教室移転(現在の場所)

動物ボランティア活動

CAPP活動

CAPP活動もみの木動物病院では人と動物との絆(ヒューマン・アニマル・ボンド=HAB)を大切にする共通の理念に基づいて、社会に働きかけを行っています。

人と動物とのふれあい運動(コンパニオン・アニマル・パートナーシップ・プログラム=CAPP)は、(公)日本動物福祉協会が主宰するボランティア活動です。人と動物との絆(ヒューマン・アニマル・ボンド=HAB)を大切にする共通の理念に基づいて、社会に働きかけを行っています。
具体的には、動物病院スタッフやボランティアが、フレンドリーで正しくしつけられた健康な動物たちを伴って各種福祉施設や学校、病院などを訪問し、ふれあいの場を設けています。これは、高齢者,児童,心身に障害のある方々に対し、精神面とリハビリテーションの手助けをする動物介在活動や動物介在療法の実践です。
また、社会や教育の現場では動物のぬくもりを伝え、動物との接し方や思いやりのこころをはぐくむお手伝いをします。

CAPP活動CAPP活動CAPP活動

公益社団法人日本動物病院福祉協会(Japanese Animal Hospital Association(JAHA)

(公)日本動物福祉協会(JAHA)は、動物病院を開設する獣医師を中心とした厚生省認可の社団法人です。  JAHAは、動物病院を利用する人々のために、倫理,設備,管理,知識、技術の高い基準を設け、会員はその基準を達成するために常に世界の獣医学を学び、実践し、地域社会の利益を深めるべく努力しています。同時に、自然科学、社会科学、人文科学の垣根を越え、人と動物と環境の調和に貢献する様々な活動を行っています。

CAPP活動

  • 1978年、米国ワシントン州で「ヒューマン・アニマル・ボンド」をテーマとして初めての世界会議が開かれました。
  • 日本では、1985年9月、日本動物病院協会(現(公)日本動物福祉協会)主宰で、Dr.アレン・ミヤハラ(元ハワイ大学教授)を講師に迎え、初めての「ヒューマン・アニマル・ボンド」のセミナーが行われました。
  • 1986年5月3日、横浜市の特別養護老人ホーム「さくら苑」で会員獣医師とボランティア、動物たち(コンパニオン・アニマル)による第一回のCAPP訪問活動が行われました。
  • 現在は各地で動物介在活動/動物介在療法としてCAPP訪問活動を行っており、その輪は全国に広がっています。

詳しい活動状況はこちらをご覧ください。→JAHA – 公益社団法人日本動物病院福祉協会

ボランティア募集

この活動に参加してくださるボランティアとボランティア動物を募集しています。 ご協力いただける方は協会事務局までお申し込み下さい。 動物を飼われていない方もご参加下さい。

協会事務局
〒162-0814 東京都新宿区新小川町1-15 池田ビル201
TEL:03-3235-3251 FAX:03-3235-3277
mail:capp@jaha.or.jp
url:http://www.jaha.or.jp

募金にご協力下さい

この活動には多くの方のご支援が必要です。ご協力いただける方は協会事務局へお申し出下さい。

募金振込先
第一勧業銀行麹町支店 普通 1115972
公益社団法人日本動物病院福祉協会HAB

キースホンド犬 マイムちゃん

キースホンド犬のマイムちゃんは、人の心がわかるかのように静かなやさしい犬で、ワンちゃんの血液ドナーとしても活躍し感謝状を贈られています。
このマイムちゃんは、1992年に始まった特別養護老人ホームの「きしろ荘」と「千山荘」への、動物を連れた訪問での第1号犬なのです。
CAPP活動のスタート当初から活躍したマイムちゃんは、残念なことに亡くなってしまいましたが、亡くなるまでこの活動を楽しみにし、お年よりの心を癒し続けた犬です。
マイムちゃん